2016
06.07
大掛かりな防虫対策

夏は虫が多いので苦痛です。

家の掃除の仕方

なるべく家に虫を侵入させたくないのですが掃除のコツはありますか?

虫といっても様々な虫がいますが、虫嫌いな人はどんな虫も部屋に入ってくると耐えられないみたいですね。特に嫌われる虫や気持ち悪い虫は侵入してこないように徹底的に対策をしたいものです。

部屋を清潔にするのが一番なので夏前からは掃除をなるべく毎日するようにしましょう。

1可燃ごみはこまめに処理を

生ごみがこれからの季節はにおいやすくなります。生ごみは出たらにおわないようにふた付きのゴミ箱に入れるようにしたり、生ごみ処理器などを使うことも考えるようにするといいでしょう。

ニオイ対策として、生ごみはゴミの日まで冷凍しておくという方法もあります。生ごみに寄ってくるのが小さなハエ、そしてシンクに置きっぱなしにしているとゴキブリなども寄せ付けしまう可能性があります。

また、生ごみは外に放ったらかしにしておくとナメクジでいっぱいになってしまうことも。生ごみにはいつも以上に気を遣うべきでしょう。

2換気対策

じめじめした湿気があると、不快害虫を寄せ付けやすくなります。常に換気を心がけましょう。クーラーを使い始める人も多くなると思いますが、クーラーは使う前にホコリの掃除を忘れずに。

またダニも発生しやすくなるので布団はこまめに干す、ダニよけシートや除湿シートなどを使う、シーツはまめに洗濯するなど対策を立てましょう。

ゴキブリ対策にも換気対策は有効です。キッチン周りなどはなる前に湿気をふき取っておくといいでしょう。

3ベランダ掃除

意外と見落としがちなベランダ。鉢植えに水がたまっていたり、モノがごちゃごちゃ積み上げられたりしていませんか?水がたまっているとそこが蚊などの住処になってしまうこともあります。

モノが多くて放ったらかしの状態ではクモに巣を張られてしまいますよ。クモが侵入しないようにするためにも外はモノをスッキリさせて、もしクモの巣を見つけたらすぐに除去するようにしましょう。

「クモの巣ジェット」などクモをよせつけないスプレーをしておくのもおススメ。

コメントは利用できません