家の掃除で、クロスはどんなふうに使うのがいいのでしょうか?たくさん切れ端などをつくっているのですが、ため込むだけでイマイチ活用できていません。

クロスは布の種類によって掃除場所を決めるとうまくいきます。また、ぼろ布やタオルを使わずにとっておいて場所を取ってしまうだけになるのなら、使い捨て感覚でどんどん使ってしまうほうがいいでしょう。場所によっては、専用のクロスを使った方がいい場合もあります。

1タオルの切れ端はどこにえも使える
ぼろ布、タオルの切れ端は、家具を拭いたりホコリを取ったりとなんにでも使える万能クロスです。このタオルの切れ端は、小さく切ったものと大きく切ったもので分けるとよいでしょう。小さく切ったものは使い捨て専用にします。電子レンジやコンロ周りのひどい油汚れなどはこれで拭いて、真っ黒になったら捨てるようにすればいいのです。

家の掃除で、クロスはどんなふうに使うのがいいのでしょうか?たくさん切れ端などをつくっているのですが、ため込むだけでイマイチ活用できていません。

また、普段のホコリ掃除に使ってもいいでしょう。少し大きく切ってトイレ掃除に使うのもおススメです。トイレの便器は布で拭いたほうが傷がつきにくいので柔らかめのタオルが適しているのです。

準拠⇒トイレ修理例で水漏れ詰まり料金確認|水の生活トラブル救急車 http://水道・ガラス・鍵修理は生活トラブル救急車.com/water/service/toilet-repair-method/

2テレビや鏡は専用のクロスがおススメ
家電製品はデリケートなので、柔らかい専用のクロスを使った方がいいかもしれません。家電製品用の柔らかめのクロスが100均でも販売されています。ホコリや手垢がクロスだけでも落ちます。気になる場合は少し水につけてふき取ればきれいになります。

鏡も、タオルの切れ端などで磨くと繊維がついてしまうことがあります。鏡も鏡専用のクロスが100均でも販売されているので活用するといいでしょう。水に少し濡らしてふき取るだけで、水垢がきれいにとれてしまいます。鏡専用の柔らかい布なのでふき取ったあとも繊維が残らず綺麗です。

3床掃除には積極的に使いたいぼろ布
洗濯をたくさんしてボロボロになったタオルや布は床掃除に積極的に使いましょう。たくさん洗濯してごわごわしているタオルは床も磨きやすいのでおススメです。クイックルワイパーなどに取り付けるサイズに切って使うと、経済的です。アルコールやリビング用洗剤などをスプレーすればさらにきれいに、そして除菌対策もできます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加